• 私たちについて
  • 食材・メニュー
  • オリジナルジェラート
  • 店舗情報
  • お問い合わせ
タイトル飾り左 タイトル飾り右

恵みを感動に

「Natu-Lino(ナチュリノ)」の語源はわが街「名取」から。
東北の地の恵みを活かし、地域との共生を図っていく理念を、足元の地元から始めたいとの想いから、ショップ名は名取市から取って「Natu-Lino」としました。

そしてもう一つこの「Natu-Lino」に込められた想い。
3・11の震災で名取市は多大な被害を受け多くの命が奪われました。「Natu-Lino」を運営する図南商事㈱も津波で大事な社員4人と社屋、倉庫を失いました。
でも「やられっぱなしじゃ面白くない。震災のおかげで今があると言いたい。」
「Natu-Lino」はNatural(自然で飾り気がない)とLino(ハワイ語で光輝き未来へつながる)の造語です。この名前にはこの地域で根ざし生き抜く思いと、また足を地に踏ん張って立ち上がった地元生産者の方々と一緒にこの地域を震災前よりもより輝く地域にしたいという思いを込めて名付けました。
悲しんだ後には光り輝く笑顔が必ずやってきます。
「Natu-Lino」には自然に人が集まりみんな笑顔輝き未来へ繋ぐ、そんな意味が込められています。

名取の景色

水が欲しくなるほど濃厚なジェラート

Natu-Linoの提携酪農家である小松牧場(宮城県加美郡)の牛舎には一日中癒しの音楽が流れ清潔に保たれています。そこにいる乳牛には奥羽山脈水系の湧水を与那国産の珊瑚でろ過しミネラルを豊富に含ませてから与え、毎日食べる牧草は全て乳酸菌発酵させてから与えます。
牧草に配合する飼料も乳牛一頭一頭のその日の体調に合わせて配合しいつでも乳牛が健康でいられるように徹底した健康管理のもと育てています。その生乳は、年間を通して乳脂肪分が3.8%をキープする濃厚な甘みのあるものとなります。
ナチュリノは、毎朝牧場へ新鮮な生乳を直接取りに行き、その日のうちにジェラートにする事で、新鮮で濃厚なジェラートを実現しています。

生乳がジェラートになるまで

生産者の「恵み」をお客様にお届けするために

新鮮な生乳に加え、果物や野菜、お米などの、地元の生産者がわが子のように大切に育てた、こだわりの農産物などの素材を、食材として使っています。
しっかりと洗浄した食材を、研究を重ねた配合でジェラートマシンに投入。旬で、新鮮な食材を惜しみなく使い、濃厚で甘みのある生乳と合わさることで、絶妙な味わいを引き出します。
また、お客様に安定した品質のジェラートをお届けするため、当店のジェラートづくりには、イタリア製の世界でも最高級の水準のジェラートマシン「カルピジャーニ」を使用しています。そして何よりも、お客様に笑顔をお届けするため、スタッフは日々研究を重ね、日々その腕を磨いています。

地元素材の新鮮さをそのまま提供する朝採れジェラート

ナチュリノではその日の朝、生産者から仕入れた果物や野菜など新鮮な素材を使った「朝採れジェラート」を、一部販売します。
また、兼業農家さんが多いこの地域だからこそ出来る事として「お客様が持ち込んだ素材でジェラート製造」をしちゃいます。
これはお客様がナチュリノのお店まで素材を持ち込んでいただきスタッフと「どういうジェラートにするか?」を話し合います。そしてナチュリノではその素材を使い世界で一つだけのジェラートを制作します。
例えば「おじいちゃんが育てたほうれん草のジェラート」や「翔ちゃんが幼稚園のリンゴ狩りで採ってきたリンゴのジェラート」など家族の記念日や遠くのお孫さんへ贈り物などにいかがですか?オリジナルパッケージを付けてお渡しいたします。
また企業様の進物や記念品、OEMなどにもご相談に応じます。
是非一度スタッフまでお問い合わせください!